読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「天才は1%のひらめきと99%の努力」の誤解

エジソンの言葉に「天才は1%のひらめきと99%の努力」というのがあるのは有名ですね。
自分はそれを「天才でも努力が大事だよ、天才じゃなくても努力すれば99%までいけるよ」という意味だと思っていた。

今日見ていたページに「成功は99%の努力と1%の才能」と書いてあった。
あれ?成功だっけ?なんか違うなと思ってwikipediaで調べてみた。

トーマス・エジソン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%82%BD%E3%83%B3

「天才は1%のひらめきと99%の汗」 (Genius is one percent inspiration and 99 percent perspiration.) という有名な発言は努力の重要性を物語る発言として広く知られているが、エジソンの熱心なファンである浜田和幸の説によると、この言葉は「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」との意味であるという。その説がTVで紹介され、ネットでも誤訳であるという説が一般的になっているが、実際は現代アメリカでも「天才には努力が必要」の意味で用いられている。

衝撃の事実!
ひらめきがなければ努力は無駄!
辛口ですねエジソンさん。

自分は天才ではないけれど、99%の努力の最中にひらめくと信じて努力していきます。
ひらめかなくても無駄ではないと信じて。

ちなみに成功は~と言ったのは チャールズ・ケタリング で「成功の99パーセントは、いままでの失敗の上に築かれる」らしい。