読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裁判所に子の氏の変更許可の申し立てをしてきた

近くの家庭裁判所に「子の氏の変更許可」を申し立ててきました。というのも、離婚した両親のうち父方の籍に入っていたのを母方の籍に移動するため。

戸籍の移動

婚姻時には全員父の戸籍に入っていますが、離婚をすると母だけが新たな戸籍になります。離婚時すぐに子を母の戸籍に入れるのは市役所で簡単に出来るみたいですが、しばらくすると家庭裁判所の許可が必要になります。一度母の戸籍に移動してから、やっぱり父の戸籍に戻すのも同様に家庭裁判所の許可が必要になります。
と、いうことで家庭裁判所に申し立てに行ってきました。

子の氏の変更許可の申し立てに必要なもの

父の戸籍謄本
母の戸籍謄本
印紙800円
連絡用の切手
子の氏の変更許可の申立書
印鑑

・父の戸籍謄本
・母の戸籍謄本
両親の戸籍謄本は離婚後のものが必要になります。戸籍の移動や改正が行われていた場合は最新のではダメなので気をつけてください。自分は最新のを持って行ってこれじゃダメだよって言われ、後日郵送することになりました。


・連絡用の切手
切手は裁判所によって必要な値段が違うみたいです。自分が申し立てた裁判所は82円切手が3枚必要でした。印紙と切手は買っていく必要がなく裁判所内で販売していました。


・子の氏の変更許可の申立書
裁判所でもらうことも出来ますが事前に裁判所のサイトからダウンロードすることもできます。記入例も確認することができます。
裁判所|子の氏の変更許可の申立書(15歳以上)
裁判所|子の氏の変更許可の申立書(15歳未満)


氏を変更する理由について

子の氏の変更許可の申立書の中に氏の変更理由を記入する場所があります。一緒に住んでいる場合は二人の苗字が違うと何かと不便なため、許可が降りやすいと言っていました。ほかには就職するとき、結婚するときなどに申し立てする人が多いとのこと。でも何にするかは申立者次第だよって。
自分は結婚を選んで申し立てしました。

結果がわかるまで

申し立てをしてから1週間ほどで結果が郵送されてくるみたいです。案外早いね。


許可が降りるといいなぁ。


結果
続 裁判所に子の氏の変更許可の申し立てをしてきた - kidd0320のメモ